RJC48とは

RJC48 は”アールジェイシーフォーティーエイト”と呼びます。

若い女の子のグループではなくて、大抵は中年のマンション管理組合の理事長経験者のオジさん(まれにおねーさんも)からなるグループで、人数がたまたま約50名頃にこんな名前をつけています。(今は250人近くの参加です)

管理組合の横のつながりの確保を目指して、首都圏を中心に約200マンション(総戸数は7-8万戸)の理事会の役員経験者(殆どは現役・元理事長)が自主的に集まって活動をしています。

普段はサイボウズLive の同名のグループ上の掲示板で、年に4-5回、テーマを絞った勉強会をお互いに会議室などを提供しあって実施したり、忘年会・新年会をしたりして顔を合わせたお付き合いをしています。 懇親会費用の自己負担などはありますが、RJC48に加入したから会費などが発生することはありません。

理事会の役員が参加できる勉強会的な集まりは、
- 地方自治体がマンション管理士会とで実施する教室的なものや
- マンション管理士事務所などが、宣伝を兼ねて無償の会を実施するものがありますが、
いずれも、いきなり理事(長)になって困っている人に対する初心者向けのもので、1-2年と理事長などをしてきた人が、同志を探す目的で参加できるものがありませんでした。

RJC48の特徴は以下のようなものです:

  1. 参加マンションの平均戸数が約400戸と、理事会運営に独自のノウハウを要するメガマンション・タワーなどの参加が中心となっています。
  2. 勉強会は、参加者同士が互いに先生役となって、経験談を語って貰う『参加型』や、みなで情報交換(テーマを限ってのパネルディスカッションなど)で実施して、決して、管理士などのプロのお話を単に聞くだけの会とはしていません。
  3. 勉強会や、忘年会・新年会などの懇親会を積極的に開催して、なんでも相談することのできる理事長(経験者)と知り合うことのできる理事長が、さらに凄い理事長さんを見つけることのできる理事長級のコア役員同士のお見合いの場となることを目指しています。
  4. このため、RJC48への参加は、お名前・マンション名を実名で明らかにしての本名同士でのお付き合いのできる方に限らせていただいております。

結果として、管理費を大きく節減した経験や、管理会社のリプレース経験を有する理事長さんが多数参加してくれていて、管理としては中級~上級の話題が、多数掲示板上などで日々交換されています。

メガマンションで、理事長や、修繕委員会委員長など、コアな役職を勤めてきた人が、似たような人を探して、情報を交換することは容易ではありません。 一方で、200もマンション理事長が集まると、大抵のあるマンションで勃発した問題は、”既に解決した経験談”を語れる理事長がいるものです。

こういった実際的なノウハウは、今までは管理会社や、管理士事務所に独占されていて、なかなか直接それを扱った理事会役員から話を聴くことはできませんでした。 RJC48でも最初の目標の約50マンションに加入が達して、”大規模修繕計画”や、”修繕積立金計画”などかなり微妙な話題についてでも、情報交換や、ときには、議案書や、規約・細則事例などのやりとりをできる知り合いが見つけられるようになってきました。

今後は、加入マンション100を目指して、参加マンション数を伸ばしていきたいと考えております。 マンション理事会で頑張ってきて、管理組合活動の重要性はわかったけれども、もう一段、同じ志をもった理事長さんと知り合って、高めあっていきたいという方のご参加を心からお待ちしています。

RJC48 参加者一同

 

RJC48とは」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: マンション住民は蚊帳の外? 「民泊サービス」のあり方議論 – マンション選び研究所 – 0239

コメントは停止中です。